• 審美歯科で行われる治療

    • 小児歯科や一般歯科という診療に比べると、審美歯科というのは聞きなれません。



      審美歯科というのは、その名の通り、審美的な治療、つまり見た目にこだわった治療を行う歯科のことを言います。

      あなたの探していた銀座の歯医者情報を利用してみませんか?

      たとえば、普通の歯科医院では、虫歯があったときには、歯を削り銀歯を詰める治療を行います。虫歯がなくなり、銀歯で噛めるようになりますから、治療としては全く問題はありません。ただ、大きな口を開けると、銀歯が目立ってしまい、機能に問題はなくても、見た目が問題になることがあります。そこで、審美歯科では、銀歯ではなく、白い詰め物を使うことで、見た目の問題を解消します。
      ただ白いだけではなく、本物の歯に近い、透明感のあるセラミックなどの素材を活用することで、見分けがつかないこともあります。

      また、歯が黄ばんでいても、虫歯や歯周病でなければ、その歯は健康な状態です。



      見た目が気になるというのは、治療の対象になりません。審美歯科では、歯そのものが病気ではなく、色が気になるときにはホワイトニングを行います。
      日本人の歯の色は、真っ白ではなく、やや黄色がかっていますが、食べ物や加齢によって少しずつ黄ばんでしまいます。
      ホワイトニングをすることで、日頃の歯磨きでは落とせない色素をきれいにして、白く美しい歯にしていきます。

      歯に自信があると、大きな口を開けて笑ったり、口を手で隠す必要がなくなり、性格も明るくなっていきます。

      審美歯科では精神的な問題も解決することがあります。


  • おすすめ情報

    • ホワイトニング以外で審美歯科で歯を白くしたいときは

      昔はテトラサイクリン変色歯の持ち主には、審美歯科でのホワイトニング治療は効果がなかったのですが、最近はそんな方でも白くすることが可能なホワイトニング剤も登場しているようです。しかしそれでもうまくいかない場合は、ラミネートべニアやセラミッククラウンといった方法があるので、歯の色が悪いことでお悩みの方は審美歯科に相談するようにしましょう。...

  • 歯科の特徴紹介

  • 読めば解る・基本知識

    • 身近になってきている審美歯科

      最近では歯科医院の件数も増え、それぞれの医院の診療科目も豊富になりました。以前は虫歯治療を主に行う医院が一般的でしたが、最近は虫歯や歯周病といった歯の病気を治す事が目的ではなく歯の美しさに焦点を当てた審美歯科を行う医院も増えています。...

    • 審美歯科と一般歯科との違い

      同じ歯科でも、一般歯科で行われる治療と審美歯科での治療は異なります。たとえば、一般的な歯科医院では、前歯に大きな虫歯があったときに神経を取り、差し歯の治療をすることで機能の回復をします。...